グッズ・アイテム・商品の検索 旅行・お宿・ホテルの検索

リンク先:GREEN DOGトップページ

2010年07月08日

アイリッシュ・ウォ−ター・スパニエル Irish Water Spaniel

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルとは

アイルランド原産の犬種です

別名〜パーティ・カラード・セッターです

水のなかに落ちた獲物を回収してくるとゆう

優れた能力にあったにももかかわらず

人気は徐々に衰えていき

現在はショードッグとしても

ペットとしても見かけなくなってしまいました

歴史

6000年前には存在していたといわれ

スパニエル種の中では最も古く大型で

詳細な起源は不明ですが

ローマ時代の遺跡からは

この犬種とと思われる彫像が出土しています


水泳の得意なポルトガルの猟犬が

スペインを経てアイルランドに

上陸したと考えられています

1934年から1936年にかけて

ハーバードの考古学調査団が

アイルランドのラゴールにある湖の底を発掘した所

この犬種とと考えられる頭蓋骨が発見され

この犬種が7〜8世紀頃には

生息していた事がわかりました


中央ヨーロッパの古い湖からも

同タイプの頭蓋骨が発掘されています


ローマ時代に兵が放った矢を拾ったり

鳥を湖から引きあげ来るように

訓練されていたと考えられています


この犬種に似た犬が1000年前に描かれており

西暦1100年代には

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルを筆頭に

シャノン・スパニエル、ラットテイル・スパニエル

ウィップテイル・スパニエルなどの

記録が見つかっています


アイルランドには

この犬種が登場する前に

外観がよく似た

ノーザン・アイリッシュ・スパニエル

サザン・アイリッシュ・スパニエル

ツィード・スパニエルといった犬が存在していました


これらの犬たちが

この犬種の祖先犬だったのかは

なんの記録もなくさだかではありませんが

「マッカーシーの犬」とも呼ばれていた

サザン・アイリッシュ・スパニエルが

犬種の祖先犬ではないかと考えられています


古い文献には

「水鳥を追うウォーター・ドッグ」と記されており

銃が無い時代に鳥猟に用いられていた事が分ります


1600年以降になると

フランス国王が

この犬種を贈呈されたことが記されています


1800年代半ばに

繁殖用の雄犬をたくさん飼っていたボーツワインが

この犬種のその後の発展に大きな影響を与え

現在のアイリッシュ・ウォーター・スパニエルの

創始者とされています


1859年にイギリスで公認され

1875年にはアイルランドで人気3位の

スポーティング・ドッグとなり

1877年にはアメリカのショーにも登場しています


概観と特徴

どこかおどけた雰囲気があります

ラット・テールと呼ばれる尾は特徴的で

これに類似した尾をもつ犬は見られません


直線状の尾の付け根付近は太く

緻密な巻き毛に覆われているが

先端に向かって途中でほとんど無毛の状態となり先細りしている

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの尾は断尾されません

スパニエル種の中で唯一断尾されない珍しい犬種です


ユニークな冠毛や目の間のひさし状の巻き毛などから

スパニエル・ファミリーの道化役者と言われています



※体高と体重※

オス 53cm〜59cm:メス 51cm〜56cm

オス 20kg〜28kg;メス 20kg〜28kg


他のスパニエルよりも体高が高く

細身の体格をしています

胴体は横に長めになっており

どちらかというと長方形のような姿形をしています


※毛色※

細かくカールした巻き毛の被毛が特徴で

冷たい水中での作業が可能な数少ない犬種でです


ウォーターの名が示すように

水中での作業を得意とする犬種で

水鳥猟に欠く事のできない犬種です

ポインター、セッターと同等の能力を持っていますが

リトリバーとしても有能である事が知られています


反面この特徴的な被毛は枝や茨に絡みやすく

草木の実が付着するため

猟野によっては不向きなケースもあります


体が大きく

足場が悪い中でも

悪天候の中でも

獲物の臭いを追跡し


ハンターが仕留めた後は

確実に回収する優れた猟犬です


また〜軽やかな足取りで

しっかりと地面を踏みしめながら歩きます

※毛色※

レッドブラウンなどの単色で

鮮やかな濃いレバー色が人気です

特に独特の紫がかった光沢のあるピュース・レバーが賞賛されます

※毛質※

長毛で細かくカールした巻き毛の被毛は

上毛と下毛の二層構造になっており

厚く硬質の巻き毛は

多くの油脂分を含んでいて

耐水性が非常に高く水をよくはじきます


性格

用心深く〜探究心が旺盛で

猟犬にふさわしい安定した気質をもっています

主人には忠実ですが

見知らぬ者には敵意を示します

子供とは仲よくやっていけますが

時には臆病になる犬もいます


どこかおどけた雰囲気を持っていますが

基本的には飼い主以外に警戒心を怠らない

聡明な犬種といえます


泳いだり遊ぶことが大好きで

どこかおどけた道化師のような

振る舞いをするところがありますが

遊びやスポーツに対しても熱狂的に取り組みます


頑固で〜かつ独立心が旺盛なので

トレーニングをするには相当な忍耐力と

毅然とした態度とユーモアのセンスを

兼ね備えていなければなりません


長猟犬時代から厳しい環境の中でもタフに働く

忍耐強さと頑健さを持つ犬種でした


健康と管理

運動能力が非常に高く活発で好奇心の強い

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルには

退屈させてストレスがたまらないように

肉体的にも精神的にも刺激的な運動をさせる必要があります

毎日〜1時間ほど自由に走らせたり

精力的に動き回って遊ばせましょう

服従させるようなトレーニングをすると

楽しみながら知的にチャレンジできるので

精神的な刺激にもつながります


運動量はしっかり確保することが重要です

できれば〜大好きな水泳も取り入れてくださ


病気

特に気をつけたい病気は股関節形成不全です

股関節検査の検査はしたほうがいいでしょう


寿命

10〜12歳


お手入れ

全身を覆う巻き毛は色々なものを巻き込みやすいので、定期的に被毛を手入れすることが必要です<

週間に2〜3回ほどブラッシンをしてください

運動後は念入りにチェックしましょう

むだ毛が被毛にからんだり〜もつれて固まりやすいので、2〜3カ月に1回はトリミングしましょう

草野や茨が生い茂る場所では、種などが絡みやすく面倒になることもあります




アイリッシュウォータースパニエルに関する物を探す → アイリッシュウォータースパニエル




posted by わん太郎 at 08:17| 犬の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

アーフェンピンシャー Affenpinscher

アーフェンピンシャーとは

126829733983616303547_IMGP0554_20100311174859.JPG

アーフェンとはドイツ語で「サルのような」。

ピンシャーは「テリア」のことを意味します。


サル顔のテリア系の犬とゆう意味で名づけられました。

原産地であるドイツでは人気犬種であったが、第二次世界大戦後人気は衰えます。

現在ではドイツでも珍しい犬種になっています。


歴史

トイ・グループのなかでも、最も古い犬種のひとつですが、その起源についてはよくわかっていません。

通説では、17世紀頃ピンシャーを改良したと考えられています。


概観と特徴
無題.png

サルに似た顔で、顔は長い眉毛と顎ひげをたくわえています。

体は3cm強ほどのけばだった被毛で覆われています。

この長い被毛が、害虫や厳しい外部環境から、体を守る役割を果たしています。

正方形に近い体型で、小柄ですが骨格は丈夫です、がっちりした体つきをしています。

※体高と体重※

体高:24〜28cm

体重:3〜4kg


※毛色※

黒、ブラック・アンド・タン、グレー、レッドなど


※毛質※

硬い針金状で、毛むくじゃら


性格
126864515606816331199_052.JPG

好奇心旺盛で、頑固なテリアの気質と、いつも忙しく動き回り遊んだり、いたずらをするのが大好きです。

夢中になると周りが見えなくなってしまいます。

警戒心が強く、見知らぬ人には吠えることがあります。

臆病なところもあるようです。

ネズミなどの小害獣捕りに威力を発揮するなど、活動的でタフな犬種です。


ピンシャーはテリアに似た性格や、行動力を持つドイツの犬に与えられた名称です。


病気

小型犬全般に多い心不全。

骨折に気をつけてください。


お手入れ

トリミングが必要。

毛が目に入らないようにする。


アーフェンピンシャーの画像は、ブロ友の『アーフェンピンシャーと柴犬』から頂きました。



アーフェンピンシャーに関連する物を探してみる → アーフェンピンシャー




posted by わん太郎 at 22:35| 犬の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

柴犬 shiba

柴犬とは


「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので

文献上では〜昭和初期の日本犬保存会の会誌「日本犬」で用いられています

一般的には〜「柴」は「柴刈り」などの「柴」であり、小ぶりな雑木を指す

由来には諸説があり〜柴藪を巧みにくぐり抜けて猟を助けることからとか

赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことからとか

小さなものを表す古語の「柴」からの3説が代表的で

ほかに〜信州の柴村を起源とする説もある


歴史
ひめ&さくら.png 柴犬は古くからキジなどの山鳥やウサギなどの、小動物の狩猟やそれに伴う諸作業に用いられてきた犬です。

昔から本州各地で飼われ、信州の川上犬・保科犬・戸隠犬・美濃の美濃柴、山陰の石州犬や因幡犬など、分布地域によっていくつかのグループに細分されていました。


現在の柴犬は〜昭和初期の保存運動の中で、信州と山陰の柴犬を交配して作られたものです。

天然記念物に指定された8犬種の中で、地方名を冠していないのは柴犬だけです。

現存しているのは6犬種です。


柴犬は縄文時代から人間と狩猟をしていたといわれています。

縄文時代の貝塚等の遺跡からは、これまでに犬の骨が200点以上出土しています。

縄文犬(縄文柴犬)と呼ばれるこれらの犬たちは、亡くなると埋葬されたと思われるものが多く、その中には〜人とともに埋められた犬もいます。


縄文犬の多くは柴系であり、大部分は額段がごく浅く大きな歯牙をもち、特に早期のもののほとんどは小型でした。

今では日本犬の8割を占めています。


概観と特徴

柴犬は日本犬の中では唯一の小型犬です。


体質的にも丈夫で我慢強く、温暖湿潤気候の日本の風土に適しているので、病気も比較的少なく〜室内でも室外でも飼えます。


飼い主に対しては非常に忠実で、他人に対しては馴れ馴れしくせず、賢く勇敢で警戒心も強いため番犬にも適しています。

本来は山地や山あいで小動物の狩猟を手伝ってきた犬ですが、現在は主に家庭犬として愛されています。


柴犬の一般的な特徴は、短毛・立ち耳・巻き尾です。

左巻き・右巻き・さし尾など個体によって違います。


耳は三角形・肉厚で、やや前方に傾き〜中には白い毛がはえています。


柴犬の目は濃い茶褐色です。

三角形の奥目で少しつり目です。

近眼で色を見分けることができませんが、視野は人間より広く〜動くものによく反応します。


聴覚は人間の4倍あります。


柴犬の鼻は黒くつやつやしていいます


※体高と体重※

一般に雌より雄の方が体高・体長ともにやや大きい。

体高:体長=100:110で、雌はやや胴長。


体高:オスで38〜41cm:メスで35〜38cmです。

体重:オスで9〜11kg:メスで7〜9kgです。


※毛色※


※赤※
ひめ.png

一番多いのが赤毛で全体の8割ほどです。

赤と言っても淡赤から濃い赤で、色調は一頭として同じものが無いと言われています。

※黒※
ごま.png

洋犬のようなつやのある黒ではなく鉄錆色で精悍な感じです。

鉄さび色のものが良く、ピカピカ光らない、つや消しのいぶしたような色でやや褐色を含んでいる、目の上には、白か淡い赤の四つ目が特徴。

※胡麻※
さくら.png

全体に「赤」と「黒」が混じりあった毛色で、その配分によって「赤胡麻」「黒胡麻」があります。

滅多に見れない完璧な胡麻毛は、赤と黒と白が体全体に混ざり合っています。

ほとんどが体の一部に出る事が多く、完璧な胡麻毛は少ない。

小さい時は綺麗な赤でも成長と共に、胡麻が部分的に出たり、逆に胡麻と思っていたら赤になったりします。

※白※

まれにいます。

白柴専門的には色々言われていますが、小さい時の白柴は一段と可愛く一般の人には人気があります。


どの毛色の柴犬も、あごから首・胸・腹・脚と尾の裏側は白色で、これを「裏白」といいます。


※毛質※

体の表面は固めの直毛で、もともと短いのでカットは不要です。

その下側にふかふかの綿毛があります。

年二回毛が生え替わります。


性格

日本犬の特徴である、

※「悍威(かんい)」・・・気迫があって威厳があること※

※「良性」・・・人になれて素直で忠実なこと※

※「素朴」・・・飾り気のない生まれながらの気品があること※

を強く持っています。


柴犬はこのような日本犬の中でも最も飼いやすい犬で。

血統としての共通した特徴が少ないと言われています。

番犬向きから〜家庭犬向きのタイプまで様々です。


飼い主に忠実な反面〜警戒心も強く、番犬としても適しています。

賢くてしつけもしやすく、素直な性格ですが頑固なところもあります。

飼い主にいつもベタベタするようなこともありません。

野性味を残しているので外で走りまわるのが大好きです。


警戒心と攻撃性が強めという傾向があります。

獲物を直接追う猟犬として使われてきた長い歴史から、視界の中を動くものを追って攻撃し、捕らえようとする捕食本能が極めて強いのです。


本能が勝り飼い主の言う事も耳に入らない事もあります。

他の犬と喧嘩になりかけて興奮している時に不意に間に入るとか、えさを食べている時や気に入った物を加えている物を無造作に取ろうとした時などに、飼い主を咬む〜牙をむくときがあります。

これは本能です〜問題ありません。


病気

僧帽弁閉鎖不全(そうほうべんへいさふぜん)。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)。

白内障 角膜炎 外耳炎

アレルギーに伴う皮膚疾患


寿命

約15歳です。


お手入れ

毎日のブラッシングと、シャンプーは2〜3ヶ月に1回。


柴犬の子犬(黒)
生まれたての黒.png
生まれたて
1周目の黒.png
生後1周目
2周目の黒.png
生後2週目
3週目の黒.png
生後3週目
4週目の黒.png
生後4週目
5週目の黒.jpg
生後5週目
柴犬の画像は、ブロ友の『しばとらとおまけの話』から頂きました。



柴犬に関連する物を探してみる → 柴犬




posted by わん太郎 at 11:47| 犬の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

しばとらとおまけの話

新トップページ600_533.jpg

サイトへは↑クリック↑


管理人は〜まぁーこさん〜です


それでわ〜2ワンズ〜&1ニャンコ〜&1・・・?


ウサギって〜なんて泣くの〜!?(゚∀゚)アヒャヒャ を紹介シマンニャワ〜!!


カッコエエごまちゃん.jpg
1番手は〜
ごまちゃん〜パフパフ〜
立ち姿が〜
メッサかっこエエ〜
黒柴ってキリッとしてんな〜!!
お散歩催促さくら.jpg
横顔が〜
リリシイ〜さくら〜パフパフパフ〜
柴犬って顔やな〜
でも〜へたれ〜>U●>艸<●)wブブッ♪
チョットメタボなシャネル.jpg

チョット〜
メタボな〜シャネル
(≧┏∇┓≦)ノ彡ギャハハハハハハ
うさぎのまるちゃん.jpg

長生きの〜
うさぎの〜まるちゃん
この写真は〜カワイイ時のん
今は〜とってもメタボ〜
щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

ウルトラマン.jpg

ウルトラマン〜
ウンウン〜って
ヽ(б0бヽ)Ξ(/б0б)/エー!!

仮面らいだー.jpg

かっ!?
仮面ダイダー
ライダーキック〜
( ;゚Д゚).。oO(何で〜!?)
コレクション.jpg

キャシャーンにバロムワンにキングジョーに〜え〜っと〜(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオッッッ

チョト〜脱線したけど〜このコレクションは〜載せなアカンやろ〜!?

月とゴマ.jpg
エエ感じやろ〜スンゲェ──―Σ(゚∀゚ノ)ノ─―─ッ!


少し行けばこんな雪景色.jpg
管理人のまーこさんは〜ほんまエエとこ住んでるわ〜!!
車で〜チョット行ったら〜こんなんやで〜w(゚o゚)w オオー!

みんな〜幸せもんや〜エエな〜〃oU。>ω<。Uo〃くやしい!デス

それでは〜ごま&さくらの得意技〜でオマンニャワ〜!!

さくらチャウチャウに変身.jpg
さくら〜変身〜チャウチャウ!!
メッサ〜オモロイ〜 U^ェ^U
そやけど〜へたれ〜!!


病院で〜↓↓ブルブル↓↓〜
へたれのさくら.jpgさくら病院でブルブル.jpg


ワタイ〜水〜怖いネンq(T▽Tq)(pT▽T)p

ごま〜「それがナンボのもんジャイ」
「これ見たら〜泣くど〜」

逆立ちシッコ.jpg

「さかだちシッコじゃ〜」
「どうじゃ〜」
ヾ((  ̄)┏д┓(  ̄))ノイヒヒヒヒー


そやけど〜やっぱり〜みんな仲良し〜\(^^\)(/^^)/

とゆうコトで〜耳舐め大会〜開催〜パフパフ〜!!

ごまの耳舐めさくら.jpg ごまの耳舐めシャネル.jpg
さくらの耳舐めシャネル.jpg シャネルの耳舐めさくら.jpg


見てるだけで〜耳コチョバイわ〜(゚∀゚)アヒャヒャ

ほんでな〜まーこさんは〜こう見えて・・・誰見たらエエのん〜
器用やねんで〜エ〜ッ!!

手作りのリード.jpg

こんなん作ったり〜

唐草の頭巾.jpg

こんなん作って〜遊び過ぎ〜ヵヮ。゚+.U*'∇'*U゚*.゚ィィ!!!

ごまさくら公園で仲良し.jpg
最後は〜笑う犬たちでオマンニャワ〜\U#⌒0⌒#)/ダイスキ★

柴犬に関連する物を探してみる → 柴犬

posted by わん太郎 at 14:52| 犬の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

ワから始まる犬種

ワから始まる犬種

ワイマラナー

Weimaraner

ワイヤー・フォックス・テリア

Wire Fox Terrier

ワイヤーヘアード・ポインティング・グリフォン

Wirehaired Pointing Griffon



犬に関連する物を探してみる → 



タグ: 犬種 ペット
posted by わん太郎 at 22:44| 犬の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。